レディー

自分に合った度入りカラコンを選ぼう|眼科での検査が肝心

メガネを作る時の手順

眼鏡

最近視界がぼやけて文字が読みにくいといった症状がある人は、視力が低下しているのかもしれません。視力の低下を感じてメガネを作ろうかなと思っている人のために、メガネを作るときの注意点をご紹介いたします。メガネを作るときのだいたいの手順ですが、まず最初に眼科で視力や目の病気について検査をしてもらいます。そして医師から処方箋をもらい、その処方箋を眼鏡屋さんに持って行って店員さんに渡します。そして、フレームやレンズを選びメガネを作ってもらいます。早ければ30分~1時間でできますが、在庫がない場合は数日かかることもあります。出来上がったら、メガネを実際にかけて微調整を行えば完成です。視力検査だけであれば眼科に行かなくても眼鏡屋さんで測ってもらえるのですが、目の病気に関しては眼科でないと調べることができないので、できれば眼科で検査を受けるようにしましょう。

メガネを作る時には、料金も確認しておきましょう。広告やチラシには安い値段が書かれてあったとしても、実際に作ると反射防止コーティングをプラスしたり、乱視用のレンズが必要だったりすると、倍以上の値段になってしまうこともあります。広告の安い値段に騙されないように、料金の内訳などをきちんと確認してから購入するようにしましょう。また、眼鏡屋さんが行っているアフターサービスにも目を向けてみてください。レンズが合わなかった場合は交換をしてくれるところもあるので、購入後も安心して使えるようにしておくと良いでしょう。