婦人

自分に合った度入りカラコンを選ぼう|眼科での検査が肝心

ナチュラルなカラコン選び

ケースとコンタクト

学校や職場でもおしゃれを楽しみたいという人は、目立たないカラコンをつけている人が多いのではないでしょうか。目立たないカラコンにはいくつか特徴があるので説明していきたいと思います。

詳細を読む

フレームの種類とその特徴

めがねの男女

メガネはかける人によって全く違うイメージを与えます。おしゃれとしてメガネの購入を検討しているのであれば、まずメガネにはどんな種類のフレームがあって自分に合うものはどれか見極めるといいでしょう。

詳細を読む

メガネを作る時の手順

眼鏡

メガネは一度作ってしまえばその後何年も使用することになるので、メガネ作りは慎重に行いたいところです。眼鏡屋さんでメガネを作るときの手順と注意点についてまとめてみました。

詳細を読む

目の状態を事前にチェック

カラコン

最近は近視・遠視・乱視用の度入りカラコンが登場し、目が悪くてもカラコンでオシャレができるようになりました。ですが、度入りカラコンには購入する時に気を付けなければいけないことがあります。度入りのカラコンを通販で購入しようと思ったら、度数を入力しなければなりません。自分の度数を把握している人は問題ないですが、初めて購入する人はまず自分の度数を調べておく必要があります。調べるといっても眼科で検査をしてもらうということです。眼科の検査で度数やベースカーブを調べてもらうことで、自分の目に合ったコンタクトを購入することができるのです。度数が合っていないと日常生活に支障をきたすだけでなく様々な体の不調にもつながるので、度数の確認は必ずするようにしましょう。

コンタクトには度数だけでなく、ベースカーブやDIAといった専門用語があります。ベースカーブは眼球の湾曲がどのくらいかというものを示すもので、数字が大きいほどカーブが緩いということになります。ベースカーブの差が0.1~0.2mm程度であれば特に問題ないですが、あまりにも差があるとコンタクトをした時に違和感があることがあるので、できるだけ自分と同じ数値のコンタクトを選ぶようにしましょう。DIAはカラコンの直径の長さのことで、直径が長ければ長いほど黒目が大きく見えるのです。こうした情報を事前に把握しておくことで、度入りコンタクトを購入するときに困らずに済みます。